メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

創業家のお家騒動を防ぐ!経験者が語るリスクマネジメントとは

※税法上の取扱いについては、ブログ投稿時の税制によるものです。

top_blog.jpg

こんにちは、マーケティング部の松本です。


著名な方々をお迎えして開催する弊社主催の特別講演会も、

おかげさまで毎回ご好評を頂き、この秋の開催で7回目となります。


今回は、定食屋大手「大戸屋ごはん処」の創業者ご子息、

現在は株式会社スリーフォレストの代表取締役としてご活躍の

三森智仁氏をお迎えします。


また、日比谷タックス&ロー弁護士法人、

代表弁護士、福﨑剛志氏より、

創業家が戦わずして勝つ方法について具体的事例のご紹介、

そして弊社代表、齋藤伸市からは、

創業家をお家騒動から守るリスクマネジメントをテーマに

講演させていただきます。



<目次>
・定食屋大手「大戸屋ごはん処」のお家騒動
・弊社代表齋藤伸市の体験談
・創業家のリスクマネジメント
・おわりに



定食屋大手「大戸屋ごはん処」のお家騒動

数年前、世間では定食屋大手「大戸屋ごはん処」の

お家騒動が話題となりました。

当時三森氏は常務取締役でしたが、創業者である父、久実氏の急逝により、

創業家と取締役会が激しく対立しました。


対立は深刻化し裁判で争う事態となり泥沼化してしまいました。

結局、後継者と見込まれていた三森氏は退任し、

現在は高齢者への外食支援サービスの会社を立ち上げご活躍されています。



弊社代表齋藤伸市の体験談

一方、齋藤が損害保険の営業マンとして活躍していた数十年前、

担当していた優良企業で悲劇がおこりました。

創業者の相続をきっかけに、

まさかの身内のクーデターにより事業承継が失敗し、

健全な経営状況にも関わらず、会社が消滅してしまったのです。


その際、損害保険だけでは

創業家と社員を守ることができないと痛感し、

法人に特化した生命保険を取り扱う代理店を設立しました。


また、設立後10数年がたち齋藤が50代半ばの頃、

突然の病に緊急入院を余儀なくされました。

この時、齋藤は自身の死を意識したそうです。

万一の事があったら、会社と家族はどうなるのだろう

と、真剣に考えたそうです。



創業家のリスクマネジメント

齋藤はこの様な体験をもとに、

「オーナー企業の『事業承継で遭遇する問題』の解決に貢献する」という、

弊社の経営理念の大切さを私達社員に語ります。


オーナー企業の事業承継の最大のリスクは、

創業社長の万一の際の対策にあると考え、

「創業家のリスクマネジメント」に特化して事業を展開しています。


日々の経営に没頭しつつも、

オーナー経営者の皆さまは、この様なリスクへの不安を、

頭の片隅に抱いていらっしゃるのではないかと考えます。


そこで、この度、三森氏にご登壇いただき、

「創業家のリスクマネジメント」と題して、

講演会を開催する運びとなりました。



おわりに

ここでしか聞けない創業家の本音トークと、

全く新しい「創業家のリスクマネジメント」の考え方が、

皆さまにおかれましても、必ずや、

今後の円滑な事業承継のお役に立つと考えております。


今回の講演は、

【大阪】10月10日(木)

【東京】10月15日(火) の2か所で開催いたします。

< 当講演会は終了致しました。>


是非、一人でも多くのオーナー経営者の皆さまにお聴きいただければ幸いです。









お気軽にお問い合わせ・ご相談ができるように複数の窓口を用意しております。

電話でお問合わせ

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

フォームでお問合わせ

お問合せフォームへ

24時間フォームにてお問い合わせ受付中。折り返し弊社よりご連絡申し上げます。

オンラインでご相談

解説動画はこちら

ご希望される方は、先ず、お電話・フォームでお問い合わせ、ご予約をお願いします。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決のための税務や法務等の施策や、セミナー最新情報等を毎週お届けします。

ページトップへ