メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

解約時の返戻金が設計書と違うのは何故?

※税法上の取扱いについては、ブログ投稿時の税制によるものです。

150626

こんにちは、サポート部の玉木です。

 

現在 都心からかなり離れた郊外に住んでいます。

たまに熊出没、猪が下山などあることも…

 

引っ越した当初は

気を抜くと一晩でクモの巣、ゲーと鳴くオナガが怖いなあと思っていましたが

クモがたくさんいるおかげで変な虫には刺されないこと

オナガがカラスを追い出していることに気が付きました。

 

木々が青々とする季節になりました。

熱気を遮ってもらいながら、動植物との共生を楽しむ日々です。

 

さて…

お客様より「解約を検討している」との依頼を受け試算をすると

「設計書や証券に書いてある数字と、何故違うのか」

というご質問をいただくことがあります。

今回は解約返戻金が相違する主なケース2点についてお話致します。

 

 

 

<目次>
・設計書、証券記載数値の基準による相違
・未経過保険料による相違
・おわりに

 

 

 

☑設計書、証券記載数値の基準による相違


設計書や証券に記載されている数値については、

一般的に契約日が基準となります。

 

例えば、年払契約の場合、

一年後の契約応答月をもって設計書の数値になります。

 

従って、契約応答日前に解約をすると、

お返しする金額が少なくなる場合があります。

 

 

 

☑未経過保険料による相違


平成22年4月1日以降の年払・半年払のご契約について、

契約応答月前で解約された場合、

残りの期間に相当する保険料をお返しすることになりました。

これを未経過保険料と呼びます。

 

例えば、年払契約の場合、

一年後の契約応答日前に解約されますと、

未経過保険料が発生する為、

未経過保険料と解約返戻金をあわせると、

お返しする金額が設計書と前後する場合があります。

 

 

 

☑おわりに


今回紹介したケース以外にも返戻金が異なる場合がございます。

契約内容をよく確認した上で、慎重にご検討ください。

 

弊社では、ご契約いただいておりますお客様に対して

インシュアランスファイル(http://www.humannetwork.jp/keiyaku/service01.html)を作成し、

経営者保険プランナーがご説明にお伺いしております。

 

手続きで不明な点など、お気軽に問い合わせくださいますようお願い致します。

 

 

btn_contactform

 

 

玉木

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決に向けた税務や法務などの有効な施策、セミナー最新情報、小冊子の情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ