『「最後の仕事」その6』ヒューマンネットワーク・メールマガジン(通号288号)

メルマガの一部を公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/05/16号 ━━━

 日本全国11,069人の経営者へ配信中!
 オーナー経営者の事業承継・相続対策・税金対策・退職金準備など
 経営課題解決を応援するメールマガジンです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ■□■経営に役立つ書籍から■□■


 『相続の6つの物語』本郷 尚 著 
 日本経済新聞出版社刊(全国書店で販売中)より転載しています。
 https://www.amazon.jp/dp/B01KA008TC/

 ※弊社提携先、株式会社タクトコンサルティング会長で税理士の
 本郷 尚先生のご厚意により、著作を掲載いたします。
 長い物語ですので、数回に分けてお届けします。
 保存しながらお読みくださいますと幸いです。

 前回の配信分は、こちらをご確認ください。
 
 その5
 https://www.humannetwork.jp/mailmagazine/2018/04/286.html


 「最後の仕事」その6

 琴音の決意が固く、子供たちも同意していることを確認すると、
 弁護士や不動産仲介会社、司法書士、測量士、公認会計士、社会保険労務士、
 不動産鑑定士などを集めてプロジェクトチームを組み、
 不動産の整理とM&Aに取りかかった。
 
 会社の整理の方法としては、単純整理方式とM&A方式がある。
 前者は不動産等をすべて売却し、
 法人税等を納付した上で会社を清算し、解散する方法だ。
 多額の法人税と所得税がかかり、株主の手取りは少なくなる。
 
 後者のM&Aは会社ごと売却する方法である。
 不動産の含み益に対する法人税等を差し引いて、会社を売却する。
 株主にとっては株の売却となり、
 売却益のざっと20%の分離課税がかかるが、
 単純整理方式と比べると株主の手取り額は多い。
 
 一方で、買手が必要としない不動産や従業員まで
 丸ごと売却することになるため、
 買手にとっては負担やリスクが大きい。
 そこで城所は、現実的な手段として二段階方式を提案した。
 
 まず、買手にとって魅力のある斉藤ビルを残し、
 その他の不動産を売却する。
 その売却代金を役員と従業員の退職金に充てる。
 役員退職金の計上により、欠損金が計上された。
 会社の中身を斉藤ビルだけにして、M&Aで売却するのだ。
 
 専門家によるプロジェクトチームが、
 M&Aで売却する手続きと税金の処理に一気に動いた。
 
 斉藤ビルの時価は10億円以上。
 役員退職金と斉藤ビルの含み益の税金の計算をし、
 M&Aの株価が決定された。
 最終的に、株主家族には退職金と株の売却代金で
 合計10億円近くが渡った。
 
 ちなみに、株の売却益には20%の分離課税、
 退職金も概ね22%位の分離課税がかかる。
 この10億円は、母の琴音と子供たち3家族で分けた。
 
 長男の家族はすでに退職金を受取っていたので、
 株の売却代金だけだったが、
 長男の嫁は「こんなにたくさんいただけるなんて・・・」
 と驚いていた。
 
 プロジェクトチームの奮闘で、
 約1年でこの大仕事をやり遂げた。
 当初の試算より経費等がかかり、
 皆の手取り額は多少減ったが、誰からも文句は出なかった。
 
 
 琴音はもちろんだが、
 これまで家業から距離をおいてきた次男、
 三男もこの大仕事に真剣に取り組んでくれた。
 怒涛のような1年が過ぎ、最終段階を迎えた。
 
 不動産の取引が目の前で一件一件成立し、
 最後の不動産の引き渡しでは緊張感が最高潮に達した。
 次の段階のM&Aでは、プロ同士の厳しいやりとりが繰り返された。
 
 取引の現場に立ち会った息子たちは、
 息詰まるような展開を手に汗を握る思いで見守った。
 M&Aの調印を終えた後、次男の憲司と弟の武は顔を見合わせて言った。
 
 「心臓のバイパス手術より緊張したよ」
 「まるで映画を観ているみたいだったなあ」
 息子たちはすべてが終わってほっとしていたが、
 琴音にはもうひとつ大切な仕事が残っていた。
 長年一緒に働いてくれた5人の社員の処遇だ。
 
 社員には規定の退職金に、
 自分の退職金からひとり1000万円づつ加算することにした。
 「そこまでやることはないでしょう」
 驚く息子たちに琴音は凛として言った。
 
                    続く


 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 著者 本郷 尚(ほんごう たかし)氏
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 税理士。株式会社タクトコンサルティング会長。
 不動産活用、相続、贈与、譲渡など資産税に特化した
 コンサルティングを展開。
 また、著書やセミナー等のあらゆる機会を通じて、
 相続対策の新しい考え方の普及にも力を入れている。

 昭和48年税理士登録。
 昭和50年本郷会計事務所開業。
 昭和58年株式会社タクトコンサルティング設立。
 平成15年税理士法人タクトコンサルティング設立。
 平成24年株式会社タクトコンサルティング会長に就任。

 「こころの相続 幸せをつかむ45話」、
 「改訂新版 がんばれ大家さん!」、
 「不動産M&A入門」他、著書多数。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 発行:ヒューマンネットワークグループ 
    ヒューマンネットワーク株式会社
    税理士法人東京会計パートナーズ
    株式会社東京会計パートナーズ
    https://www.humannetwork.jp/


 [本社] 〒100-0004
 東京都千代田区大手町1-5-1
 大手町ファーストスクエアウエストタワー20階
 電話 : 03-6212-5858 FAX : 03-6212-5252
 担当 :浅野

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:30~16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ