緊急特別レポート「決算対策の新常識」プレゼント

img_001.png

2019 年2 月14 日、日本経済新聞の一面に『生保各社、「節税保険」の販売停止』との記事が掲載されました。
金融庁は法人向け生命保険を死亡保障ではなく、実態は節税目的での利用が多いと指摘。
国税庁も、大部分が解約金として戻ってくる前提の商品は損金ではなく資産計上すべきとの指摘をしました。

001.gif
国税庁は、法人向け保険の課税方法を定めた通達を見直す考えを生保各社に伝え、見直し案が固まるまで生保各社は販売を自粛する方向です。

既に法人保険の主力である全額損金定期保険や逓増定期保険は多くの保険会社で即日販売停止、その他にも長期平準定期保険やがん保険も一部で販売停止になっています。


主力法人保険の即日販売停止、今後何らかの税制改正の動きはあるという類を見ない状況のなかで、
オーナー経営者は今後どのような対応が求められるのでしょうか。
現在の状況下からどんな対策を考えるべきなのか、緊急特別レポートとしてまとめました。

今回、オーナー経営者の皆さま無料でさしあげます。下のボタンよりご請求ください。
なお、部数に限りがあり、無くなり次第終了します。ご希望される方はお早めにお申込みください。

btn.gif

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:30~16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ