Cross Talk

若手社員座談会

ここでしかできない
成長がある

若手から見るヒューマンネットワークの魅力は一体なんだろう。それを、2017年新卒入社の5人に答えていただきました。仕事の内容、会社の雰囲気、組織営業、個人の役割などを、若手目線で語ってもらいました。一番フレッシュな意見を参考に、ぜひ、入社後のイメージを膨らませてください。

Member

福嶋 秀穂

福嶋 秀穂

営業部

様々な経営課題を抱えられている経営者様に寄り添うため、プランナーとして、より多くの現場に立って知識を身につけるために奔走している。

飯伏 由都

飯伏 由都

営業部

生命保険でのコンサルティングの他に、将来的には様々な角度からのコンサルティングが行えるようになることも目標にしている。

佐藤 浩太

佐藤 浩太

営業部

一人前のプランナーになるために訪問回数を増やしながら、お客様へのよりよいご提案につなげるために、資格の取得なども目指す。

高野 舞

高野 舞

サポート部

現在はサポート部に所属しているが、事務職として様々な部署を回り、多くの経験を積みたいと考えている。

影澤 恵

影澤 恵

マーケティング部

保険や金融の知識を身につけ、ゆくゆくは多くの部署を経験し、視野を広げていくことを目標にしている。

Session 01

ヒューマンネットワークへの
入社動機

高野: 私は就職活動中、接客業を中心に見ていました。ですが、家族や友人に相談したところ、事務職が向いているとアドバイスをもらい、方向転換しました。そこで様々な業界の会社を見ましたが、ヒューマンネットワークの人が一番温かいと感じて入社を決めました。福嶋君はどうでしたか。
福嶋: 私がまず感じたのは、説明会でのインパクト。大阪での説明会でしたが、社長自らが会社説明をしてくださったことには驚きました。そして、経営者の方に関われるという部分で、事業内容にも興味を持ちました。あとは、高野さんと同じで、人柄です。社員の方同士がお話をされているのを拝見する機会があったのですが、そこで社員間同士のつながりも強く感じて、ここだったら楽しく働けそうだと思いました。
佐藤: 確かに私もアットホームな雰囲気は、決め手のひとつになりました。ただ、私がこの業界を志望した理由は、その環境にもあります。生命保険を含める金融商品は、どこの会社から買っても同じものが手に入りますよね。そういった環境の中で営業をするからこそ、本当の意味での「人間力」が学べるのではないかと思いました。中でも当社のお客様は経営者様ばかり。他ではなかなか経験できないこともできると思って入社を決意しました。
飯伏: 私も社内の雰囲気のよさはすごく感じることができ、そこは本当に魅力的でしたね。入社してもその雰囲気には全くギャップがないですし、働きやすいと感じています。事業内容に関しても、コンサルティングにはもともと関心があったのですが、生命保険がこんな形で経営の役に立つとは思いもよらず、興味を惹かれ入社を決めました。佐藤くんと同じように経営者の方とお話できるということも魅力的でした。
影澤: やはりみなさんが感じた会社の雰囲気も同じなんですね。私もその人柄に大きく惹かれました。面接では常に自然体でいられましたし、最終の社長面接も、緊張はしましたが自分をつくらずに面接ができ、ここは素の自分でいられる場所だと思って入社を決意しました。
福嶋: 確かに面接できちんと自分を出せる雰囲気はありましたね。
飯伏: うん。社長もユーモア溢れる方ですし、先輩社員との座談会を見ていても、上下関係はしっかりしているものの、いい意味でくだけているところもあって。面接もその雰囲気で行っていただけたので、話しやすかったです。
高野: 私の場合は、事務職としか決めていなかったので、何をするかよりも誰とするかというのはすごく大切にしていました。だから、こんな先輩たちがいる会社ならずっと働き続けられる気がしました。
佐藤: あとは、やはり営業に対するイメージが「組織営業」の説明で180度変わったことです。営業と聞くと大変そうなイメージがありましたが、それが少しは和らぎましたし、本当に理にかなっている仕組みだと思います。

若手社員座談会

Session 02

「組織営業」のいいところは?

飯伏: 佐藤くんから出たように私も営業のイメージが180度変わりました。まず会社の中に、質問しやすい雰囲気があると思います。新人がやりがちな失敗で、分からないことを分からないままにすることはよくあると思いますが、ヒューマンネットワークではあり得ません。誰にでも気兼ねなく質問できることで、大きなミスも防げているのではないかと思います。
佐藤: 確かにそうですね。そして、そういった雰囲気の中で、みんなで共有ができるところが「組織営業」の強いところだと思います。正直そこまで大きな規模の会社ではありませんが、プランナーがお客様のもとへ訪問し、集めてきた事例を全員で共有することで、結果的にお客様に様々な提案ができていますし。
影澤: その共有が部署の垣根を越えるところがいいですよね。マーケティング部では、反響営業用のDMをつくるのですが、その効果をプランナーの方がお客様のところで聞いてきてくださるので、次のDMをつくるときの参考にもなります。
高野: サポート部は、資料の作成が多くてプランナーの方とはあまり密接に関わりませんが、それでも「あの資料お客様が見やすいって言ってたよ」と、共有してくださると、すごく励みになりますね。
福嶋: また、役割が分担されているからこそ、ミスが少なくなるというメリットもありますね。マーケティング部の方が集客をしてくれて、アシスタントの方が申込書などをつくってくれる。プランナーが全てやるわけではないですし、それによって色々な部署の方とコミュニケーションが取れるので、勉強になっています。
飯伏: そうですね。営業職にとって、アポイントをとっていただけるということは大変ありがたいことで、それによって提案することに集中できますし、本当に経営者様に寄り添った提案ができるところが強みだと思います。
高野: あとは、年に1回営業成績がよかったチームを表彰する制度があるのですが、チームでの表彰なので、事務方も一緒に表彰してくれます。だから、チームの売上が上がることは、それに携わっている事務の方にとってのやりがいになるんです。
福嶋: 本当に全員で仕事をしているという雰囲気はすごく感じられますね。また、営業部ではミーティングや営業会議なども多く、そこでの共有は先輩方から色々な話が聞けることですごく勉強になりますし、今の自分の状況を全員に報告できる場でもあるので、安心して仕事に取り組むこともできています。

若手社員座談会

Session 03

今、個人としての役割は
何だと思いますか?

佐藤: 私はプランナーなので、様々なお客様のもとへ積極的に訪問して、少しでも多くの事例を持って帰ってくることだと思っています。今は、多くはありませんが、徐々に増やして、みなさんに共有できるようになりたいです。それが後々会社の財産にもなると思うので。あとは、やはり「元気のよさ」ですかね。
福嶋: 確かに元気のよさは大切ですよね。挨拶ひとつとっても、お客様の表情が変わってきますから。また、若手として大切なことは、積極的に多くの経験を積んでいくことではないでしょうか。様々なことを経験して、会社の基盤をつくる存在になっていきたいですね。私たちが基盤になれるような実力をつけることで、次に入社される方もしっかりと育てることができますし、そうすると会社も成長しますから。それこそ、もっと多くの経営者様のお役に立てる会社になると思います。
飯伏: そのためにも、本当に知識は早くつけなくてはいけないと思う。だから、1、2年目の役割としては、分からないことを分からないままにせずに、積極的に聞いていくことも大切です。何でも質問できることは、新人の特権であり義務。そうやって知識をつけていければと考えています。
高野: そうですね。私の周りはベテランの先輩ばかりですが、少しでも分からないことがあれば、すぐに質問するようにと教えられています。だから、分からないことがあれば、疑問が残らないように徹底的に聞くようにしているんです。また、現在は新卒で入社したというタイミングを活かして、マニュアル作成にも挑戦しています。
影澤: 私の部署でもマニュアル作成をしています。「分からないことがある人がつくるマニュアル」というんでしょうか。今だからこその視点を活かして、誰が見ても100%分かるマニュアルをつくっているんです。
高野: 1年目の視点は今しかなくて、それを活かしてつくられるマニュアルは絶対に後から入社される方のためになると思うので、1から10まで丁寧に作成を進めてきたいですね。
福嶋: 高野さんの言う通り、質問することって大事ですよね。その点、先輩方はどんなに忙しくても手を止めて質問に答えてくださいますし、聞きやすい雰囲気をつくってくれていると感じます。1年目の私たちでも安心して働ける理由は、そこが大きいと思います。
影澤: 先輩方も私が分からなさそうな顔をしていると「どうしたの」と、お声をかけてくださいますし、本当にフォローは手厚いですよね。だからこそ、早く成長して、恩返しができるようになりたいです。

若手社員座談会

Session 04

ヒューマンネットワークって
どんな会社?

福嶋: 個人も組織も大切にする会社だと思います。先輩が優しかったり、手厚いフォロー、話しやすい雰囲気があるという話はたくさん出ていましたが、ただの仲良しではありません。メリハリがきちんとありますし、その上で「下をしっかり育てる」という社風があるのです。だからこそ、成長は早いのではないかと思います。飯伏くんはどんな会社だと思いますか。
飯伏: 私は、組織で動く会社だと思います。個人で嬉しかったことは、会社全体で喜んでいただけますし、逆に個人で悔しかったことは、チームに持ち帰って共有し、一緒に改善点や解決策を考えてくれる、そういった会社だと思います。組織は、個人が集まってできているものですし、その個人を大切にしながら組織で動くことで、お客様のことも大切にできる。環境としては大変恵まれているのではないでしょうか。
高野: 個人を大切にしてくれるという点でいうと、入社前の座談会から感じていた人の温かさがそれを象徴しています。先輩に教えていただく時も、分からないことだけを教えてくださるのではなく、プラスアルファで「こうするともっといいよ」と、教えてくださいます。そういった一人ひとりが気遣ってくれる心を持っているので、温かい会社になっていると思います。私もそういったプラスアルファの気遣いができるようになっていきたいですね。
影澤: 私も入社前からのギャップが全くありません。とういうことは、面接などで見せてくださっていた雰囲気はつくりものではなくて、本物だったということです。学生に対しても裏表なく接してくれる会社ってあまりないと思います。実際に今もすごく楽しく働けていますし。
佐藤: うん、みなさんが言うように、雰囲気は本当にいいですよね。社長が社員の幸せを一番に考えてくれているのも嬉しいです。そういった社内の雰囲 気が、お客様へのいい対応を生んでいるとも思います。また、組織営業という特徴もあり、個人というよりも会社全体でみんなを支えあい協力しあえる。そういった点から仲もよく、縦横の関係で風通しのよい社風がありますし、私を含め、社員全員が会社のことが大好きです。
高野: また、先輩方が下のことをよく見てくれているということも強く感じますね。なによりアドバイスが的確ですし、成長を見越して伝えてくれているという感じがします。
飯伏: それでアドバイスをきちんと実行できて、初めてアポイントが取れた時は本当に嬉しく感じました。
福嶋: だから私たちも後輩の方が入社されたら、同じように接して、一緒に成長できたらいいなと思います。全員で成長を実感できる会社。それがヒューマンネットワークです。
若手社員座談会