将来株価シミュレーション

事業承継200.jpg

今後、利益を出し続けると株価がどのくらい上昇するのか?
対策によって株価がどのくらい変動するのか?
『将来株価シミュレーション』の結果は、今後の事業承継の対策と、
そのタイミングを考える上で、参考になる指標です。

役員退職金が株価にどう影響するのか?
今の対策は間違っていないか?
すでに対策を始めている方でも、
次の一手を間違えないような方向性が分かります。

001.gif


【株価シミュレーションの活用事例 】

業種:機械部品製造業  
会社規模:大会社  
資本金:3,000万円 = 額面5万円×600株


相談会に来られた製造業のA社長は、現在65歳。
5年後には、後継者である長男へ代表を譲り、
勇退を検討中でした。

しかし、自社株を金融機関に評価してもらったところ、
1株127万円と高額になっていました。
このままでは、暦年贈与の非課税枠内では自社株は移せないし、
相続税も心配とのこと。

金融機関からは、持株会社を設立し、
社長保有の株式を持株会社に買ってもらう
事業承継案を提案されていました。

持株会社設立が、
自社に合っているのか?
どんなメリットがあるのか?
セカンドオピニオンを聞きたいということで、
当社の個別相談会にご来社されました。

持株会社のメリットとデメリットを
当社税理士がA社長にヒアリングを進めながら整理したところ、
A社長の考えに 合わないことが分かりました。

そこで、別の対策を実行すれば、
株価評価が5分の1まで下がることが、
『将来株価シミュレーション』の結果から判明しました。

金融機関の提案とは異なり、
株価が下がった後に自社株を移すプランのお話をして、
合わせて相続対策まで繋がる流れの事例をお話したところ
「相談して良かった」と言われました。

アセット%207200.jpg


その後、当社とコンサルティング契約を締結しました。
毎月、数時間程度の面談から社長のお考えと、
実状に即した事業承継プランを立案し、実行していただいて、
納得のいく事業承継を実現されました。

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:30~16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ