受付中

雇わない経営とこれからの事業承継の考え方

事業承継
事業承継
  • 開催日
  • 開催時間:
     ~ 
  • 対象
    一般法人,医療法人
  • 会場
    大手町サンケイプラザ
  • 参加費
    5,000円(税込)/1名
  • 定員
    30名(先着順)

元ワイキューブ代表の安田佳生氏がご登壇!

 

 

 


先が読めない不連続な時代の“今”考えるべきことは何か…

人が採れない、続かない、事業承継をどうしていくべきか?
このようなお悩みを抱えていませんか?


儲かっていた事業が、だんだん儲からなくなって、
まったく儲からなくなって、最終的には赤字になる。
これは単なる不景気ではなく、ひとつの時代の終わりを意味しているのでしょう。
会社を立ち上げ、人を雇い、売上目標を追いかける、という時代の終焉。
新たな時代は新たなルールによってスタートするのです。

 

 

本セミナーでは「千円札は拾うな」「自分を磨く働き方」
等数多くの著書をもつ元ワイキューブ代表の安田佳生氏を講師に迎え、
中小企業経営の常識を覆すお話をたっぷりとお伺いします。

 

人が採れない、続かない。既存事業が行き詰まっている。新しいビジネスも育たない。
経営の立て直しをしようにも、何から始めていいかわからない
そんな悩みを解決するヒントにあふれる120分。
今後の皆さまの会社経営に目からウロコになること間違いなしです。

 

第1部 雇わない経営のススメ

 

・なぜ今、雇わない経営なのか
・なぜ会社は儲からなくなるのか
・会社の真っ当な言い分
・社員の真っ当な言い分
・黒字社員から見た会社
・赤字社員から見た会社
・雇わなくなった会社の話
・これからの事業承継のあるべき姿とは  ほか

 

講師
株式会社ブランドファーマーズ・インク
代表取締役 安田 佳生 氏

 

第2部 これからの事業承継の新常識 ~オーナー社長のリスクマネジメント

 

・外食産業O社に起きた「まさか」の出来事
・株価が高騰し借金して相続税を支払ったK社長の「まさか」の出来事
・実際に起こった「まさか」の12の要因とは
・生命保険業界が見落としていたまさかの事態
・いまさら聞けない「種類株式」と「金庫株」
・事業承継に向けて何をすればいいか? ほか

 

講師
ヒューマンネットワークグループ
代表取締役 齋藤 伸市

 

新型コロナウイルス対策について

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
運営スタッフのマスク着用、アルコールスプレーの設置等
感染予防に努めて参ります。
またご参加いただく皆様にも
マスク着用のご協力をお願い申し上げます。

 

 

※税理士などの士業の方、コンサルタント、保険関係に従事されている方のご参加はお断りさせていただきます。
参加費はクレジットカード決済でお願いしております

講師のご紹介

株式会社ブランドファーマーズ・インク
株式会社安田佳生事務所
代表取締役 安田 佳生 氏

1965年生まれ。大阪府出身。
2011年に40億円の負債を抱えて株式会社ワイキューブを民事再生。自己破産。
1年間の放浪生活の後、境目研究家を名乗り社会復帰。

 

現在はブランドファーマーズ・インク代表として、
ブランド作り・メディア作りの支援、
コラムの執筆や講演活動、
ポッドキャストなどを行っている。
NPO法人中小企業共和国理事長

 

著書に『千円札は拾うな』『自分を磨く働き方』など。

 

 

ヒューマンネットワークグループ
グループ代表 齋藤 伸市

1960年生まれ。
大手損害保険会社を経て、1999年オーナー企業の事業承継を支援するコンサルティング会社、
ヒューマンネットワークを設立、代表取締役に就任。
2014年にはグループ会社として、オーナー家の税務戦略に特化した、
株式会社東京会計パートナーズを設立。
1,900人を超えるオーナー経営者や医療法人理事長を顧客とし、
総合的な資産防衛のアドバイスを行っている。

 

著書:『財を「残す」技術』(幻冬舎)、
『オーナー社長の自社株対策』(すばる舎:共著)、
『知っているようで知らないオーナー社長の退職金』(大蔵財務協会:共著)その他。