『決算直前のチェックリスト』ヒューマンネットワーク・メールマガジン(通号281号)

メルマガの一部を公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/3/14号 ━━━━

 日本全国10,954人の経営者へ配信中!
 オーナー経営者の事業承継・相続対策・税金対策・退職金準備など
 経営課題解決を応援するメールマガジンです!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □■ オーナー社長の税金対策17 ■□

 ※弊社代表と小林進税理士の共著
 『オーナー社長の税金対策』より抜粋して掲載します。


 ■決算直前のチェックリスト■

 オーナー社長として、決算に際して最低限、
 以下の項目は明確にしておきたいものです。
 これらを明確にすることにより、会社の抱える問題、将来の問題が
 明確になることがあります。


 1.前期との差異は何が原因で発生しているか(売上、仕入、利益、経費)
 
 これらの差異が、日々の業務の感覚と合致しているかどうかを確認しましょう。
 売上が増加しているのに、
 利益は減少し、預金口座の残高が少なくなっているなど、
 感覚と数字の方向性が合致しているかどうかを確認しましょう。
 合致していない場合には、原因があるはずですので、
 放置せずに究明しましょう。
 
 
 2.前期から動いていない項目をチェックする
 
 前期から動いていない在庫、固定資産などは、
 本当に必要なものなのか、
 不要であれば、どのような処分が適切なのかを検討しましょう。
 
 
 3.会社の純資産額はいくらか
 
 会社の貸借対照表は、会社の設立以来の歴史の蓄積です。
 この純資産の部の合計額が会社の価値(簿価ベース)です。
 この価値が高くなることは株価の上昇につながります。
 どのくらいの価値なのかをイメージしておくことは
 事業承継を考える際にもとても大切です。
 
 
 4.決算書に記載されていないもの
 
 損金で処理されている保険契約の解約返戻金(損金計上対応部分)、
 会社が抱えている損害賠償などの係争、名義株の問題など
 決算書には、記載されていないものの、
 会社にとって、重要なものはないか確認しておきましょう。
 
 
 5.株主の異動
 
 株主の異動(株式の贈与、譲渡などによる異動)、
 株主に相続が発生していないか確認しましょう。
 
 
 6.期末までにすべきことはないか
 
 将来、大きな設備投資をする予定がある場合の消費税の届け出、
 保険の契約や見直しなど、
 より先を見て社長が判断すべき事項はないかを確認しましょう。

 ◆『オーナー社長の税金対策』弊社代表と小林進税理士の共著 
 大蔵財務協会刊(全国書店で販売中)より転載しています。
 https://www.amazon.co.jp/dp/475474425X/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 発行:ヒューマンネットワークグループ 
    ヒューマンネットワーク株式会社
    税理士法人東京会計パートナーズ
    株式会社東京会計パートナーズ
    https://www.humannetwork.jp/


 [本社] 〒100-0004
 東京都千代田区大手町1-5-1
 大手町ファーストスクエアウエストタワー20階
 電話 : 03-6212-5858 FAX : 03-6212-5252
 担当 :浅野

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:30~16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ