メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

 

21年12月8日(水)【無料ライブセミナー】
税制改正に対応した最新の生命保険活用法

決算対策に生命保険が今でも有効って本当?税制改正に対応した最新の生命保険活用法とは?医療法人経営者の方も参考になる内容です 税務ルール改正で、法人の生命保険活用が厳しくなりました。「今までのように保険は使えない!」そのように周知されて、認識されている経営者の方は多いと思います。 一方で税務ルールの

一人医師医療法人に潜む「死亡退職金」支給時のリスク

医師医療法人の理事長は、経営と診療を同時に行わなければなりません。患者は、理事長の治療を求めて来院されるため、理事長無くして経営は立ち行かないと思います。 コロナ禍において、"もし、理事長自身に万一があったとき、家族はきちんと相続税を負担することが出来るのか"というご相談をいただく機会が増えていま

【理事長限定】小冊子「超低金利時代の退職金準備 5つのポイント」さしあげます

医療法人理事長の退職金準備はどのような方法が望ましいのか?役員退職金の原資を「別建て」で貯める代表的な金融商品のひとつが「生命保険」です。生命保険で貯めていくうえで考慮すべき5つのポイントについてまとめました。PDFダウンロード版ですので、すぐにお読みいただけます。

医療法人に関する税務情報

ただいまのところ、医療法人に関連する税務について、 公開すべき情報はごさいません。 新しい情報が入り次第、公開する予定です。 宜しくお願い申し上げます。

理事長が死んだら、家族や医療法人はどうなるの?

先日お会いした理事長先生より、「『知り合いの理事長が亡くなった時、支給された死亡退職金が希望していた金額の3分の1以下だった』という話を聞いた。もし、自分に万一があった際には、きちんと受け取れるようにしておきたい。」と、ご相談を頂きました。 そこで今回は、理事長に万一のことがあっても残された家族や

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

WEBからご相談

お問合せフォームへ

24時間フォームにてお問い合わせ受付中。折り返し弊社よりご連絡申し上げます。

オンラインでご相談

オンラインで相談する

ご都合のいい時間にパソコンで資料を見ながら、オンラインにてご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決のための税務や法務等の施策や、セミナー最新情報等を毎週お届けします。

ページトップへ