メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

今後、医療法人をどう守る!?

「持分なし医療法人」への認定要件の大幅緩和で



平成29年10月に「持分なし医療法人」への移行にともなう認定要件が一部改正されました。また、期間も3年間延長されました。
従来の移行制度では、持分なし医療法人への移行時に贈与税が課税されない要件として「理事6人、監事2人以上、役員の親族 3分の1以下」が足かせとなって、ほとんど移行認定がすすんでおらず、平成29年9月末時点でわずか認定件数61件、完了件数13件という状況となっていました。


そこで平成 29年10月の改正では認定要件から、上記役員数、役員の親族要件が除外されました。
今後は「持分なし医療法人」への移行を検討または実行される方が増えることが予想されます。
このサイトでは、あらためて今回の改正内容について解説し、「持分あり医療法人」のまま移行しなかった場合と移行した場合のメリット・デメリット、さらにはデメリットを解消するために今からやっておきたいことについてまとめました。 今後の医療法人を守っていくうえでご参考になれば幸いです。

 

平成29年10月改正内容 ~持分なし医療法人へ移行するための要件とは

なぜ持分なし医療法人へ移行を考えるのか?

合理的に医療法人から利益移転を考える

医療法人と相続税対策をセットで考える

 

お気軽にお問い合わせ・ご相談ができるように複数の窓口を用意しております。

電話でお問合わせ

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

フォームでお問合わせ

お問合せフォームへ

24時間フォームにてお問い合わせ受付中。折り返し弊社よりご連絡申し上げます。

オンラインでご相談

解説動画はこちら

ご希望される方は、先ず、お電話・フォームでお問い合わせ、ご予約をお願いします。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決のための税務や法務等の施策や、セミナー最新情報等を毎週お届けします。

ページトップへ