医業承継診断サービス

医業承継診断サービスのご案内

このサービスは、理事長が医業を承継する際に
発生する様々な問題を診断するサービスです。

医業承継に関する課題

医療法人は剰余金の配当が禁止されています(医療法 第54条)。その結果、出資金評価額が高額になる傾向にあります。出資金評価額が高額だと(1)出資持分の移転コストが高い(2)相続税の納税資金が不足する(3)公平な財産分割に支障があるなどの問題が発生します。

このような方におすすめです

医業承継には3つの方法があります

医業承継は避けて通ることのできない問題です。医業承継も人生設計の一環です。働けなくなり辞めるのではなく、病院を無事に承継させるということは計画的なリタイアメントという意味でも欠かせないと言えます。

継承方法の図

サービスをご利用いただいたお客様の声

『医業承継診断』は3つの視点で総合的に診断します

病院の状況を正確に把握するため、「出資持分評価」・「財務診断」・「保険活用」の3つの視点から総合的に診断いたします。

3つの視点の図

医業承継診断フロー

医業承継診断のフロー図
医業承継診断レポート

医業承継診断サービス概要

所要日数
書類のお預かり後、10日~1ヵ月程度
費用
法人規模に応じて、お見積をさせていただきます
必要資料
  1. 税務申告書・決算書類一式(直近3期・勘定科目明細書)
  2. 定款
  3. 保険証券
  4. 法人・個人所有不動産の固定資産税納税通知書(固定資産評価額の掲載ページ)

ご希望の方は、こちらまでご連絡ください。

【電話でのお申し込み】0120-533-336

【WEBでのお申込み】資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:30~16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ