メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

 

一人医師医療法人に潜む「死亡退職金」支給時のリスク

医師医療法人の理事長は、経営と診療を同時に行わなければなりません。患者は、理事長の治療を求めて来院されるため、理事長無くして経営は立ち行かないと思います。 コロナ禍において、"もし、理事長自身に万一があったとき、家族はきちんと相続税を負担することが出来るのか"というご相談をいただく機会が増えていま

医療法人に関する税務情報

ただいまのところ、医療法人に関連する税務について、 公開すべき情報はごさいません。 新しい情報が入り次第、公開する予定です。 宜しくお願い申し上げます。

理事長が死んだら、家族や医療法人はどうなるの?

先日お会いした理事長先生より、「『知り合いの理事長が亡くなった時、支給された死亡退職金が希望していた金額の3分の1以下だった』という話を聞いた。もし、自分に万一があった際には、きちんと受け取れるようにしておきたい。」と、ご相談を頂きました。 そこで今回は、理事長に万一のことがあっても残された家族や

理事長必見!元国税調査官が税務調査の裏側を語る!

これまで様々な時代を乗り越えてきた経営者様でも「税務調査」と聞くと、大方の経営者様は身構えるのではないでしょうか。特に医療法人は黒字申告の割合が多いため、税務当局としては好況業種として常に注目していると思われます。 そこで今回は、6月12日(水)に開催予定の医療法人向けセミナー『理事長のための税務

「理事会の議事録さえあれば退職金は否認されない」はウソ?!

理事長先生の退職金は、これまで苦労されてきたご自身とご家族が、勇退後も豊かな暮らしをするために、そして医業承継や相続を円滑で円満なものにするためには、欠かすことのできない重要な資金源になります。 また、退職金は税制面で優遇されており、税負担が軽いのが特徴です。このようなことを踏まえると、できるだけ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ができるように複数の窓口を用意しております。

電話でお問合わせ

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

フォームでお問合わせ

お問合せフォームへ

24時間フォームにてお問い合わせ受付中。折り返し弊社よりご連絡申し上げます。

オンラインでご相談

解説動画はこちら

ご希望される方は、先ず、お電話・フォームでお問い合わせ、ご予約をお願いします。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決のための税務や法務等の施策や、セミナー最新情報等を毎週お届けします。

ページトップへ