メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

医療法人向け小冊子

医療法人向け小冊子
バックナンバー

医療法人向け小冊子バックナンバー

超低金利時代の退職金準備5つのポイント

役員退職金の原資を「別建て」で貯める代表的な金融商品のひとつが「生命保険」です。生命保険で貯めていくうえで考慮すべき5つのポイントについてまとめました。

誰も教えてくれない
決算対策の考え方

『誰も教えてくれない決算対策の考え方』の医療法人版。決算対策の考え方と、経営者にいつ起こるかわからない2つの「不測の事態」に備えるために、最も効果的な決算対策の方法をご紹介しています。

知っておくべき退職金の新常識(医療法人版)

『知っておくべき退職金の新常識』の医療法人版。「役員退職金」は高額になるケースが多いですが、本小冊子では理事長先生が退職金をしっかり受取るためのポイントを簡潔にまとめました。

次世代に資産をトコトン残す5つの方法

令和3年の税制改正により、暦年贈与を繰り返す相続税の節税手法が使えなくなることが想定されます。そのような中で、法人から次世代にダイレクトに資産を残す方法を5つご紹介します。

理事長が死んだら家族や法人はどうなるの

理事長に万一のことがあった場合に、医療法人や理事長の家族にどのような問題が起こるでしょうか。当小冊子では最悪の状態に陥らないための事例を挙げて、リスクを防ぐ方法を解説しています。

役員退職金を確実に受け取る7つのポイント

高額な役員退職金は、税務署が目を光らせていますし、役員や家族のことも考える必要があります。トラブルを避けた支給に向けて、役員退職金を受け取るための7つのポイントをまとめました。

2回目の退職金を効果的に受け取る方法

役員退職金は低い税率で受取ることができますが、複数回受け取れることをご存知ですか?でも、2回目の退職金には注意が必要です。本書は満足のゆく退職金受給への施策を解説します。

相続税の納税資金を
全額経費化

相続税は個人で準備する必要がありますが、実は、法人契約の生命保険を活用すれば法人で対策を行えます。本小冊子では「納税資金を法人の経費」で払うために抑えておくべきポイントを解説します。

オーナー経営者
のための決算対策

上手に決算対策を行って、現金を税引き前利益でストック方法を検討される経営者が増えています。本小冊子では、その目的に向けた理想的な決算対策をするためのポイントを解説しています。

理事長先生の
税務調査と退職金Q&A

大きな金額の変動があった法人への税務調査は厳しさを増し、高額退職金はその最たる一つです。小冊子では、理事長から寄せられる退職金のご相談で、代表的なものをQ&Aでまとめました。

"資本提携""M&A"やっていけない3つのこと

「資本提携」や「M&A」を持ちかけられた結果、声をかけた会社の傘下に入り、後悔する事例があります。そのような不利な状況にならないために、やってはいけない3つのことを解説しています。

相続税の税務調査から
家族を守る方法

税務調査を気軽に考えている経営者の方が多いのですが、実態は相続税の申告をした8人に1人が調査に。本書では知っておきたい相続の税務調査から家族を守る方法を解説しています。

保険に関する
税務と機能

「生命保険に関する税務と機能」に関して、これまでに経営者や経理の皆様から、お問い合わせをいただいたご質問の中から代表的なものを問答集の形で小冊子にまとめました。

社長からの
相談ファイルVol.4

東京会計パートナーズが受けた社長からの事業承継に関わるご相談の中で、今回はVol.4「M&A」編として4つの事例をピックアップ。M&Aの事例を解説しています。

勇退までにしておくべき資産防衛術

退職する時期がまだ先という方や時期が未定という方へ“在任中の対策”として、生命保険の保険金の使い道をあらかじめ決めておくことで実現する資産防衛術についてお伝えします。

MS法人
「超」活用法

築き上げた理事長の資産の強化・防衛を図るため、本小冊子ではMS法人活用法をご紹介しています。MS法人をお持ちの方や、これからMS 法人の設立を検討されている方もご一読ください。

オーナー家を守る
究極の不動産活用術

事業承継では、後継者へスムーズに負担なく会社を引き継げるように、財務の健全化を行うことが重要です。そのなかでポイントの1つとなるのが、この小冊子のテーマの不動産戦略です。

役員退職金「合理的な決め方」と「税務対策」

オーナー経営者の退職金完全ガイドです。役員退職金は税制面で優遇され、事業承継にとっても二重三重の効果があります。十分な役員退職金を受取ることができるように本書を読んでご準備ください。

親族内承継の税務戦略
 

身内の間だからこそ、感情的になりやすく、一度トラブルが発生すると収拾がつかなくなるのが事業承継なのです。本書では、親族内承継におけるオーナー家の税務戦略について解説しました。

親族外承継の税務戦略
 

いざ事業承継を考えた時、親族内に必ずしも適当な後継者がいるかといえば、そうはいきません。本書では、オーナー企業の親族外承継の事例とその税務戦略のポイントについて解説しました。

退職金税務否認
防衛マニュアル

増加の傾向にある役員退職金の税務否認について、税務署が指摘する中小企業の「株主総会の開催」に焦点をあて、形式的要件を確実に抑えることを目的として作成しました。

今後、医療法人を
どう守る!?

理事長先生の可処分所得を増やす方法

医療法改正が与える理事長への影響は

理事長の手取りをトコトン増やす方法

理事長先生賢い財産の残し方

持分あり医療法人を守る医業承継・相続対策

相続税の納税資金を全額経費化

医療法人の役員退職金 常識・非常識

医療法人が
お金を残すしくみ