『対談 決算の考え方』ヒューマンネットワーク・メールマガジン(通号313号)

メルマガの一部を公開しています。
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/11/13号 ━━━━

 日本全国11,689人の経営者へ配信中!

 オーナー経営者の事業承継・相続対策・税金対策・退職金準備など
 経営課題解決を応援するメールマガジンです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇


□■ オーナー社長の税金対策21 ■□

 ※弊社代表と小林進税理士の共著
 『オーナー社長の税金対策』より抜粋して掲載します。


 ■対談 決算の考え方■
 
 S:弊社代表 齋藤伸市
 K:税理士  小林進氏


 S:決算は毎期あるわけですが10年後に勇退を考えた場合、
   決算間近に何を考え
   どのようなことに着手すればいいのでしょうか。

 K:事業承継を前提とし、
   今後、毎期の決算で対策を実行していくことが必要になります。
 
 S:具体的にはどういったことになりますか。
 
 K:大きく分けて2つあります。
   一つは税務リスクについて対策を打つこと。
   もう一つはきれいなバランスシートにすることです。
   まず、税務調査のリスクについてですが、
   後継者は基本的に、業務の細部まで
   完全に把握していない状態です。
   税務リスクを含んだ取引をそのまま引き継いでしまうと、
   数年後、後継者が税務調査を受けた際に
   高額な追徴課税で企業の存続が危ぶまれることがあります。
   
 S:それは大変ですね。
   本当に無防備な状態で課税されると、
   為す術がないという事が結構あるということですか。
   
 K:そうです。とても大変なことになります。
   次に、バランスシートをきれいにすることです。
   不良在庫などは一期で処分して除却や売却できますが、
   判断に困る遊休資産や、
   社長と会社の間に金銭貸借がある場合
   一度に精算するのはなかなか難しいのです。
   特に、社長との貸借関係は解消へ向けて進みだしたとしても、
   精算まで10年ぐらいかかってしまうケースもあります。
   また、決算のタイミングでバランスシートを見直すことで
   資金繰りが悪化していないか、
   圧迫している原因は何かを確認する必要があります。
   例えば、借入金が増えている理由として
   設備投資や保険積立などが上げられます。
   
 S:保険は長く続けないと効果が現れないので、
   最低5年は継続しましょうということになります。
   そうすると、かなりの金額を寝かせていることになります。
   そうやって資金繰りが悪化している会社もありますね、
   他に何かありますか。
   
 K:決算前の税金対策について
   知らずに損をしている会社が多いです。
   役員報酬の決め方、
   社宅や社用車の取り扱い、
   公的制度の活用など、
   様々な税金対策がありますが、
   知らずに決算を迎えてしまうのはもったいないですね、
   そのもったいないという積み重ねが、
   株価の高騰にもつながります。
   
 S:社長としては決算前になると
   少しでも税金を安くしたいという事を考えてしまいます。
   しかし、安易な対策をしてしまい資金繰りが悪化すると
   社長個人からの貸付金などが増え、
   先ほど先生がお話されていたきれいなバランスシート
   とは言えないような姿になるわけですね。
   
 K:誰が見てもバランスシートは
   シンプルになっているのが理想ではないでしょうか。
   バランスシートに余分なものが計上されていると、
   株価がその分無駄に高くなっている可能性があるということです。
   勇退に向け、毎期の決算を有効に活用して
   計画的に対策を打ちましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 発行:ヒューマンネットワークグループ 
    ヒューマンネットワーク株式会社
    税理士法人東京会計パートナーズ
    株式会社東京会計パートナーズ
    https://www.humannetwork.jp/


 [本社] 〒100-0004
 東京都千代田区大手町1-5-1
 大手町ファーストスクエアウエストタワー20階
 電話 : 03-6212-5858 FAX : 03-6212-5252
 担当 :浅野

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:30~16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ