メニュー

当社について
グループ概要

『不良在庫の処分・不明な項目の解明』ヒューマンネットワーク・メールマガジン(通号359号)

 
 メルマガの一部を公開しています。
 ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━ 2019/10/30 ━━━━━━

  日本全国12,625人の経営者へ配信中!

  ヒューマンネットワーク・メールマガジン 359号

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇


 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 経営に役立つ書籍より
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 □■ オーナー社長の税金対策54 ■□

 ※弊社代表と小林進税理士の共著
 『オーナー社長の税金対策』より抜粋して掲載します。


 ■ 不良在庫の処分・不明な項目の解明 ■
 
 
 Q:
 不良在庫を処分する時の注意点を教えてください。
 また、決算書の項目に心当たりのない項目があるのですが、
 どのタイミングで処理をすればよいのでしょうか?
 それとも、ずっと計上したままの方が良いのでしょうか?
 
 
 POINT:
 決算書の項目で不明なものは解明した上で
 それでもわからなければ処理する。
 不明なものを計上するメリットは何もない。
 
 業歴の長い会社の決算書(バランスシート)には、
 不良在庫をはじめ不明な項目が計上されていることが多いですが、
 可能な限り解明し、わからなければ処理して、
 バランスシートが現状を表すように修正する必要があります。
 それが、適正な株価につながります。
 
 
 A:
 
 1.不良在庫の処分
 
 不良在庫の処分を行うことは、
 法人税の減額につながることになるため、
 調査の際にも対象項目になることがあります。
 
 本当に処分したのか、
 役員や従業員に配布したのではないかなど、
 税務調査で疑われないように、
 廃棄した場合には、廃棄した在庫のリスト、
 廃棄業者からの請求書(明細をつけてもらう)、
 廃棄在庫の写真などを保管しておくと良いと思います。
 
 また、評価額の計上も理論的には可能ですが、
 災害により著しく損傷したこと、
 季節商品の売れ残り、
 新商品の発売により著しく陳腐化したことなど、
 将来販売できる可能性がない
 と考えられる場合に限定されており、
 評価損の計上はハードルが高いといえます。
 
 不良在庫がバランスシートに計上されていると、
 株価はその分高い評価になっている可能性があります。
 
 
 2.決算書に不明な項目がある
 
 決算書を見ていて、
 貸付金?借入金?預かり金?と
 身に覚えのない項目がある場合があります。
 
 使途不明金があり、
 それを社長の貸付金に振替処理をしたり、
 賃貸していた事務所の退去の精算をしていなかったりと、
 未処理になっている項目が
 バランスシートに留まっていることがあります。
 
 それらの項目を処理するタイミングを逸してしまうと
 そのまま計上し続けることになりがちですが、
 これも株価を無駄に高くしてしまっている可能性があります。
 
 調べてわからなければまず現状に合わせて
 バランスシートを修正しましょう。
 バランスシートに計上されている項目は、
 社長が見て、ピンとくるものが良いと思います。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 発行:ヒューマンネットワークグループ 
    ヒューマンネットワーク株式会社
    税理士法人東京会計パートナーズ
    株式会社東京会計パートナーズ
    https://www.humannetwork.jp/


 [本社] 〒100-0004
 東京都千代田区大手町1-5-1
 大手町ファーストスクエアウエストタワー20階
 電話:03-6212-5858 FAX:03-6212-5252

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:00~17:00

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ