メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

理事長が死んだら、家族や医療法人はどうなるの?

 

※税務に関しての記載がある場合は、左の日付時の税制によるものです。

5271303.jpg


先日お会いした理事長先生より、
「『知り合いの理事長が亡くなった時、
支給された死亡退職金が希望していた金額の3分の1以下だった』
という話を聞いた。
もし、自分に万一があった際には、きちんと受け取れるようにしておきたい。」
と、ご相談を頂きました。


そこで今回は、
理事長に万一のことがあっても
残された家族や医療法人が困らないための仕組み
についてご紹介したいと思います。


医療法人を開業して30年の
内科医の理事長先生がガンで亡くなられました。


相続時の理事長の個人財産は、
医療法人の出資持分や事業用不動産、自宅や複数の土地など、
大半を現金以外の財産が占めていたため、
家族は約4億円という高額の相続税を支払うための
現金が不足していました。

続きはこちらをご覧ください

お気軽にお問い合わせ・ご相談ができるように複数の窓口を用意しております。

電話でお問合わせ

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

フォームでお問合わせ

お問合せフォームへ

24時間フォームにてお問い合わせ受付中。折り返し弊社よりご連絡申し上げます。

オンラインでご相談

解説動画はこちら

ご希望される方は、先ず、お電話・フォームでお問い合わせ、ご予約をお願いします。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決のための税務や法務等の施策や、セミナー最新情報等を毎週お届けします。

ページトップへ