メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
当社について
グループ概要

その他

2020年04月08日

緊急事態宣言の発令に伴う弊社の対応について

いつもお世話になります。 新型コロナウイルスの影響と被害にあわれた皆様に 心よりお見舞いを申し上げます。 昨日4月7日、緊急事態宣言が発令されました。 弊社では、緊急事態宣言の発令を受けて、 感染防止と従業員の安全確保を鑑み、 原則在宅勤務とし、 業務の性質上、止むを得ない社員のみ出社とさせていた

2020年03月12日

悩める会社の福利厚生!企業型確定拠出年金とは?メリット・デメリット

こんにちは。経営者保険プランナーの佐藤です。 令和元年6月に金融庁の金融審議会が 「老後30年生活していくためには2,000万円必要」 といった内容の報告書をまとめ、大きな話題を呼びました。 前提の内容に不正確な部分があったことから、 正式な報告書として認められませんでしたが「老後の資産形成」に

2020年03月05日

がんの死亡率が増加しているのは先進国で日本だけ!そのワケとは

こんにちは。CFPの望月です。 最近、ニュースや新聞等のメディアでがん検診についてよく取り上げられているのを目にします。 それにより、日々お会いする経営者の皆様とがんについてお話しする機会が増えたため、 日本のがんの現状を調べてみました。 すると、衝撃的な事実が判明しました。 なんと、先進国で日本

2020年02月27日

コロナウイルスが経済に及ぼす影響!? 企業が生き残るすべとは?

こんにちは。 経営者保険プランナーの畑元です。 最近のニュースでは、コロナウイルスの影響で 「イベントの中止決定」「生産低迷」など、 世界経済への影響について伝えています。 コロナウイルスの拡大が、今後さらに、 「ヒト」「モノ」「カネ」の動きに大きな影響を与えそうです。 このような不測の事

2020年02月04日

中小企業が抱える借入金のリスク

こんにちは。アシスタントの中島です。 テレビ東京月曜夜22時のドラマ枠は、 ビジネスをテーマにしたドラマが放送されていて時々見ているのですが、 現在放送されている小泉孝太郎主演の『病院の治し方~ドクター有原の挑戦~』は、 実際に長野県の相澤病院という総合病院がモデルとなっているドラマです。 病院を

2020年01月23日

2020年の年金改革に備えたいこと

こんにちは。カスタマーリレーション部の北村です。 厚生労働省は、2020年の通常国会にて公的年金の受給開始年齢を 75歳まで選択できる案を示しています。 65歳より前倒しで受け取る場合だと1カ月あたりの年金額を減らす制度も見直す予定です。 これらは長寿化に対応するための年金改革といわれています。

2019年05月16日

2019年4月から年次有給休暇の5日取得義務が開始されました

こんにちは人事総務部の佐々木です。 働き方改革法案が成立し、 働き方改革関連法が2019年4月1日より順次施行されています。 働き方改革のポイントは3つ ① 年次有給休暇取得の義務化 ② 時間外労働の是正 ③ 同一労働同一賃金 ②時間外労働の是正と③同一労働同一賃金については、 中小企業には

2019年05月07日

社員が働きやすい仕組み

こんにちは。経営者保険プランナーの尾崎です。 ゴールデンウィークも終わり、昨日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか。 4月に入社した新入社員もそろそろ会社に慣れる頃かと思います。 日本社宅サービスが新卒300名を対象に「どんな基準で会社を選ぶか」というアンケートをとったところ1位の給与に続

2018年07月05日

安全資産の預貯金も放置すると5年で時効に!休眠預金は没収されます!?

こんにちはマーケティング部の松本です。 ご存知ですか。 日本では、銀行の預金は商法上の消滅時効が適用され、 5年間権利行使がなかった場合には時効消滅します。 また信用金庫での預金は民法上の10年で時効消滅とされるそうです。 今年1月に「休眠預金活用法」が施行され、 来年秋の運用開始に向けて、 政府や

2018年04月19日

社員の定着率が飛躍的に上がる!?理想の人事評価制度

こんにちは、マーケティング部の浅野です。 4/5(木)に弊社セミナールームにて、 鈴木社会保険労務士事務所  代表 特定社会保険労務士 鈴木 早苗 氏をお招きして、 「次世代への事業承継を円滑にするための人事制度セミナー」 を開催いたしました。 お陰様で満員御礼となり、 経営者の皆様にとって『人事

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決に向けた税務や法務などの有効な施策、セミナー最新情報、小冊子の情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ