知っておくと意外と使えるサービスって?

2018年11月06日

181106.jpg

こんにちは、営業アシスタントの塚原です。

個人で加入している保険の更新時期が近づいてきたので、

見直しをしようと営業担当者に相談したところ、

休日にも関わらず自宅まで手続きに来てくれました。

タブレット端末によるペーパーレスの手続きだったため、

準備していた印鑑は出番がありませんでした。

個人保険については、ここ数年タブレット端末での

手続きに移行している保険会社もあり、

申込内容の確認・健康告知・支払方法の選択、

署名まですべて端末上で済ませることが出来ます。

記入漏れや確認漏れがある場合、次画面に進まないため、不備を防ぐことも出来、

スムーズに手続きをすることが可能です。

さて、本日は自身の保険見直しに際して、

加入時にはなかった付帯サービスの特徴についてご紹介します。

<目次>
・付帯サービスについて
・アプリコンテンツの充実
・おわりに



付帯サービスについて

保険会社各社で独自の付帯サービスが展開されています。

病気に関する相談などに専門医療スタッフや看護師が応えてくれる電話サービスや、

人間ドックやPET検診の紹介、介護や福祉サービスの情報提供から紹介まで多岐にわたっています。

この他、法律・税務・年金相談や家事代行サービスなど、

日常生活で起こる様々な場面で活用できるサービスも展開されています。

サービスを受けるにあたっては、保険会社各社で異なりますが、

保険契約に加入中のご契約者さま、被保険者さま、

そのご家族(二親等以内など制限あり)がご利用できます。

また、実際にサービスを利用する場合の費用は

利用者様の負担となりますので、確認の上ご利用下さい。


アプリコンテンツの充実

携帯アプリのコンテンツを導入している保険会社もあります。

今回私が見直しをした保険会社では、

健康診断の結果をスマートフォンで読み取るだけで

現在の健康状態をチェックすることができたり、

自分に最適な改善方法を教えてくれる食事のレシピや運動方法を教えてくれるものもあります。

アプリで手軽に管理できるので忙しい方でも通勤の片手間に確認することが出来ます。


おわりに

商品の差別化もさることながら、

付帯サービスに力をいれている保険会社もあります。

法人契約の場合、経営者様にご利用頂けるサービスと

従業員様にサービスを展開している保険会社もありますので、

福利厚生で保険活用される場合にもご利用頂けます。

付帯サービスをメインに商品を選ぶことはないと思いますが、

気軽に利用できるサービスもたくさんありますので、

一度ご加入の保険会社のサービスについて調べてみるのも面白いかもしれません。

弊社でご加入頂いているお客様で、

どのようなサービスが受けられるのか気になる方は是非お問い合わせください。



お問い合わせはこちら.pngこのカテゴリーのブログはこちら.png

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:30~16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ