メニュー

当社について
グループ概要

生命保険

2016年10月03日

期末の利益対策での生命保険が有効な理由

こんにちは。大阪支店の岩根です。 夏が終わり、秋に向かって少しずつ涼しくなってきました。 少し肌寒いこの季節が心地よく、大好きです。 さて、今日は期末の利益対策での生命保険が有効な理由を 3点に分けてご紹介致します。 <目次>・3つの利点・おわりに 3つの利点 決算対策として生命保険を活用する理由

2016年09月30日

オーナー社長の保障はいくらあれば安心なの?!

経営者保険プランナーの肥後です。 日々、オーナー社長に 生命保険のご提案をさせていただいておりますと、 会社でいくらの保障を掛けておけば安心かということを 聞かれることがあります。 そこで今回のブログでは、 オーナー社長にとって、 会社で掛ける生命保険の必要保障額について お話してみたいと思います

2016年09月12日

片麻痺と高度障害保険金

こんにちは。税理士の芦辺です。 平成26年の脳血管疾患の患者数は、 約118万人おり、日本における死因の第4位となっています。 また、介護が必要になる原因の第1位、約2割が 脳梗塞などの脳卒中です。 一般的に脳卒中を発症した人の約6割に何かしらの後遺症が残ると言われ、 その後遺症として、多く見られ

2016年09月02日

保険料の払方の変更っていつでもできる?

こんにちは、アシスタントの菊地です。 先日、生シラスを食べに神奈川へ行きましたが 時期がずれていたのか見当たらず、 鎌倉で蕎麦と鳩サブレーを食べてきました。 次の時期は10月と聞いたので、 次こそは生シラスを食べに鎌倉へ行きたいと思います。 さて、本日は現在ご加入中の保険の 「払方を変更するお手続

2016年08月29日

経営者に最低限必要とされる保障額とは?

入社2年目の塩崎です。 経営者保険プランナーとして、 全国の経営者様のもとにご訪問させていただいております。 法人が活用する生命保険となると、 決算対策を思い浮かべる方が多くいらっしゃいます。 一部または全額を損金算入できるので、 決算対策として効果的です。 そのため、保険本来の機能である保障につい

2016年08月19日

ご存知でしたか? 今、再注目の全損保険

こんにちは。 今年の4月に入社しました経営者保険プランナーの加藤です。 早いもので入社してから五ヵ月が過ぎようとしています。 まだまだ日々勉強することばかりですが、 社長様にありがとうと言ってもらえるよう頑張って参りたいと思います。 さて、オーナー企業の場合、 社長個人の信用や営業力により 経営が成

2016年08月03日

知って得する!生命保険の賢い活用方法

こんにちは。 営業アシスタントの塚原です。 梅雨も空け、夏も本番ですね! 夏休みの計画は立てましたか? 有意義な夏休みとなるよう今からしっかり計画を立てたいと思います。 さて、今回は高額な保障金額で生命保険に加入する際、 分割して契約することで生命保険の機能を有効活用する方法を ご紹介したいと思い

2016年07月22日

福利厚生で意外な落とし穴!?あなたの会社は大丈夫?

こんにちは。 今年の4月に入社しました経営者保険プランナーの山田です。 早いもので入社して三ヶ月が経ちました。 新しい環境にも慣れてきて一日がとても早く感じます。 少しずつ経営者様のところへ訪問するようになってきました。 本来は情報を提供すべき立場ですが、 まだまだ私のほうが勉強して帰ってくる事が多

2016年07月11日

過去の震災を体験した3人の社長のインタビューから・・・

こんにちは、マーケティング部の岸野です。 経営にはさまざまなリスクがつきものです。 中でも大規模な天災は、企業の事業継続そのものに影響を及ぼしかねない 重大なリスクと言っても過言ではないでしょう。 <目次>・「不測の大災害に生き残る強い会社の共通点」とは?・3人の社長の実例から見る!生き残る会社の条

2016年07月06日

同じ保障でも保険料の差が約2倍?!ニーズに合った保険の選び方とは?

こんにちは。 本社アシスタントの石崎です。 突然ですが、皆様は同じような保障内容にもかかわらず、 保険会社によって、保険料の差が約2倍近くも生まれるケースがあるのを ご存知でしょうか。 保険金の支払い事由の発生時に受け取る保険金額は 同じなのにどうしてこのような差が生まれるのでしょうか。 私も勉強

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

平日9:00~17:00

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

オーナー経営者の課題解決のヒントとなる無料セミナー、最新小冊子情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ