メニュー

  • お問合わせ・無料相談はこちら

    東京
    0120-533-336
  • 受付時間:平日9:30~16:50   

    大阪
    0120-540-570
グループ会社概要
グループについて

2016年2月

2016年02月15日

会社への貸付金で損をしない方法

こんにちは、経営者保険プランナーの中村です。 本日のブログでは、多くの経営者様からご相談いただく 「会社への貸付金」についてお話しいたします。 <目次>・貸付金は相続財産に・代物弁済のメリットと留意点・おわりに 貸付金は相続財産に オーナー経営者様の中には、会社の資金繰りが悪化した際に、 個人のお金

2016年02月12日

退職金支給は生命保険の現物支給が流行っています!

こんにちは、相続診断士の望月です。 先日、スノーボードに行ってきました。 今年は暖冬の影響で、計画しても中止せざるを得ない状況が続いていました。 しかし、やっと本来の状態を取り戻しております。 スノーボードは今がシーズン本番です。 今季も思う存分楽しみたいと思います。 さて、経営者様とお話しさせてい

2016年02月10日

「130万円の壁」対策に企業へ助成金(案) 平成28年4月~

こんにちは、人事総務部の山本です。 しばらく耳鼻科に通い、早めの花粉症対策を済ませました。 これで今シーズンを乗りきれれば!と期待しています。 さて、弊社にも仕事と家庭とを両立させている女性社員がおりますが、 女性の社会進出の後押しにと、対象となる企業に助成金を支給する 支援策が政府より出されました

2016年02月09日

退職した社員の加入保険を放置するとどうなる?

こんにちは。本社サポート部の玉木です。 先日は、節分でした。 我が家でも鬼面をかぶって豆まきを行いました。 息子は、鬼面を怖がるどころか、大喜び 昨年は認識もできなかったのにと 頼もしくなったなあと感慨にふけるこの頃です。 さて、契約者が法人で、役員・従業員を被保険者とする 養老保険(ハーフタックス

2016年02月08日

方法を少し変えるだけ!!有効な決算対策とは?

こんにちは、アシスタントの菊地です。 社長や役員に万一のことが起きた場合、 会社が被る有形・無形の損失は、はかりしれません。 そのため経営者保険の本来の意味は、社長・役員に見合った保障、 すなわち高額な保障をかけることです。 法人契約の保険は、その企業の中での地位や役職によって 「職務に見合った保障

2016年02月05日

『財を「残す」技術』読者からの反響多数!会社と自己資産を守り継ぐテクニック、専門家12人の知識がこの一冊に・・・

こんにちは、東京会計パートナーズの中村です。 昨年9月に発売となりました、弊社代表の齋藤伸市が執筆いたしました書籍、 『財を「残す」技術』が、おかげさまでご好評をいただいております。 お読みいただきました方には大変興味をもっていただき、 この書籍をきっかけに多くの方が、弊社へ面談のためにご来社くださ

2016年02月04日

9割の社長が勘違いしている!? 贈与するなら〇〇万円!

税理士の芦辺です。 そろそろ確定申告の時期が近づいてきました。 確定申告と言えば所得税が一般的ですが、贈与税の申告期限も3/15までとなります。 贈与税に関しては昨年大きな改正があり、 平成27年1月1日以降の贈与に関しては 「特例税率」という直系尊属(祖父母や父母など)から、 直系卑属(その年の1

2016年02月03日

法人税30%時代の役員報酬の効率の良い決め方

こんにちは、経営者保険プランナーの山根です。 先日、弊社から、 「知っているようで知らない オーナー社長の退職金」 を発刊しました。 個人の所得に対する税率が高くなると共に、 マイナンバー制度のスタートで オーナー社長の資産形成が難しくなりつつある中、 優遇税制の退職金がますますクローズアップされて

2016年02月02日

オーナー社長の資産防衛術 6つのチェックリスト

こんにちは、マーケティング部の岸野です。 ほとんどのオーナー社長にとって、 事業と資産の承継は一生に一度しか経験できない、 しかも失敗できない、最後の大仕事です。 本日は、そんな事業承継・相続時の、 資産防衛のためのヒントをお伝えできればと思います。 <目次>・いくつ当てはまりますか?・失敗事例から

2016年02月01日

がん保険を選ぶポイント

こんにちは、大阪支店の北村です。 先日のブログ(https://www.humannetwork.jp/blog/20160125.html)でも ご紹介させて頂きましたがん保険についてもう少し詳しくお話しさせて頂きます。 保険会社によって内容は異なりますが、 がん保険にはどのような保障があるのか

お気軽にお問い合わせできるよう複数の窓口を用意しております。

お電話でご相談

東京0120-533-336

大阪0120-540-570

受付時間 平日9:30-16:50

WEBからご相談

お問い合わせページへ

お好きな時間にメールフォームからお問い合わせいただけます。

オンラインでご相談

経営者のアシストとは?

お客様のお好きな時間に、パソコン画面で同じ資料を見ながら、お電話でご相談いただけます。

最新情報を取得する

メルマガ登録へ

課題解決に向けた税務や法務などの有効な施策、セミナー最新情報、小冊子の情報をいち早くお届け致します。

ページトップへ